WONDS
?g?b?v?y?[?W??????
TOP売上予測>ハフモデルによる売上推計

ハフモデルによる売上推計

「セオリー通りに実施すれば、誰でも同じ結果に。」

−最寄り品業態における売上予測の定番、ハフモデルによる売上予測−


●コモデティ商品業種に有効。


 「スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどで売上予測をしたい。」
 
「SCで、競合SCとの関係を見ながら売上予測をしたい。」
 
「最寄り品業種の単独専門店だけれど、何とか売上予測したい。」

など最寄り品業種業態、近隣型SCなどで活用される定番的手法です。

 手法そのものは、歴史が古く、特に上記業種業態では精度高く売上予測が出来ます。変数も基本的には、売場面積と居住地からの距離の2変数ですから、作業的にも簡単で、手順を踏んで実行すれば予測値は算出可能です。


売り場面積と居住地からの距離

●手法限界を知った上での使用が必要。


 ハフモデルは、基本的に店舗までの距離抵抗と売場面積の広さの2変数による関数です。つまり「消費者は、近くの大規模店へ行く」という考え方です。

 オーナーの個性に惹かれて行く、品揃えのオリジナリティが好きといった専門店業種、売場面積があまり関係ないサービス業など、顧客からの関心が高く遠距離でもわざわざ買い物に行く業種には適さない手法です。

 店舗によって差が少ないコモデティ商品を出来るだけ、近くで沢山の品揃えの中から選びたいといったニーズに対応する店舗には最適の方法です。


ハフモデル式

ハフモデルによる売上推計例

■ハフモデルで人口、距離、競合店を要因として吸引人口を算出。これに品目別の消費支出額を掛けて売上予測。

ハフモデルは、一般的に使われているモデル予測方法。スーパーマーケット、ドラッグストアなど最寄品業種での活用が効果的な手法。また、郊外、地方都市の自動車商圏でショッピングセンターなどの集客予測にも有効。


1.競合施設プロット 2.居住者人口分布
商圏設定 人口分布
候補地を中心に、商圏設定し競合施設をマップ上にプロットする。 商圏内の居住者数の分布を把握する。北東側に人口集中エリアがある。

2.ハフモデル吸引率 3.吸引人口
ハフモデル吸引率 吸引人口
ハフモデルで、吸引率を算出。競合施設周辺からは吸引していないのがわかる。北部の施設は、売り場面積が同程度なので、若干の吸引がある。 居住人口×吸引率で、各町丁ごとの吸引人口を算出。最終的には、商圏内吸引人口で集客数、及び売上を予測する。


ハフモデルによる売上推計

●集客・売上予測からポジショニング・コンセプトワークまで。


 ハフモデルによる売上予測は、食品スーパーやドラッグストアでは自社の店舗開発室などで実施するケースがほとんどです。当社のようなアウトソーシング会社で、受託するケースは少ないのが実態です。

 当社の場合は、特に近隣型を主としたSCを対象に、競合関係の中で商圏潜在性を把握するケースが多くなっています。また、単に集客、売上予測をするだけではなく、競合関係の中でのポジショニングから、コンセプトワークまでつなげていく業務が増えています。

 当社がSCのデベロッパー側に立って予測した結果と、キーテナントの食品スーパーが予測した結果とほぼ同じ予測値になった経験があります。これはハフモデルの2変数によるプロセスアプローチという特性を表していると言えます。


ポジショニング

事例ファイル 事例ファイル
■お問い合わせのご案内

事例資料請求 価格表請求 詳細問い合わせ 見積依頼
03-5458-7875 info@wonds.co.jp

●サービス案内
  
・初めての方へ
  ・エリアマーケティング
  ・ストアマーケティング
●業務事例
  ・ソリューション事例
  ・テーマ別事例集
  ・業務事例集
●メールマガジン
  ・商圏分析セミナー
  ・マーケティング活用
   情報
●サービスメニュー
  ・商圏ソリューション
  ・売上予測
  ・店舗開発企画
●ダウンロード
  ・店舗ナレッジストア
  ・事例集
  ・ニュースリリース
●会社案内
  ・会社概要
  ・業務実績
  ・お客さまの声
 
サイトマッププライバシーポリシー
GISエリアマーケティングと店舗開発/株式会社ワンズ

Copyright (c)1999- 2015 Wonds Inc. All rights reserved.