WONDS
TOP商圏ソリューション>業種出店可能性調査

業種出店可能性調査

■業種の充足度を知り、どのように活かすか。

集積業種は何か。充足業種は、不足業種は何か。商圏内の業種集積度、充足度を明確にします。

充足・不足業種を探る。

商圏内の業種状況を把握して出店しているでしょうか。

 エリア分析をしていると、ある業種の店舗が集中して街の特徴を創っていることが、ままあります。ご存じのように、家電店の集中した秋葉原、飲食店の多い赤坂、六本木、ファッション店が特徴的な表参道など、さまざまな例が上げられます。では、これらの街で不足している業種は何なのでしょうか。

出店予定の街で、自店業種の充足、不足度は?

集積している業種の特徴は?
 こういった商業の充足度、不足度を把握すると、出店戦略が自ずと浮かび上がってきます。他のエリアより集積している業種と相乗効果を狙う。また、不足している業種でニーズを獲得しやすくする。こういった成功につながる戦略判断に役立ちます。

集積業種、不足業種、また、その成長性、人口当たりの指数から、商圏内の業種ポジションを明確にします。

 業種の充足不足度を把握する需要余力調査は、主に潜在需要の大きさに対して既販売額がどの程度あるかを把握して、商圏内の販売余力を試算することが一般的でした。最近は、大都市圏を中心に、商業充足度が高まり、需要に対しての不足度より、広域(上位)エリアの人口当たりなどの水準値から相対評価することが多くなっています。



業種出店可能性調査例

1.対象地の商圏設定 2.業種別データを抽出
対象地の商圏設定 業種別データを抽出

業種の商圏に合わせて、対象地の商圏設定をする。例は、中目黒駅前。メッシュの濃淡は、一般飲食店。

商業統計を中心に、商圏内の業種データをGISで抽出する。



3.業種ポジションの把握 4.商圏対応戦略策定
業種ポジションの把握 商圏対応戦略策定

横軸を業種別店舗数、縦軸を成長率、円サイズを上位エリアと比較した昼間人口あたりの指数で表現。

例では、相乗効果を活かす業種は「音楽個人教授所」「家具店」、不足を補う業種は「一般飲食店」。



業種出店可能性調査の効用


不動産開発、ビル再開発に活用されています。

 事業コンセプトを設定する手がかりが少ない時、商圏の潜在性を活かす方法として活用されています。

 例えば、

 「この業種が商圏内で集積度が高く、成長しています。」
「しかも、計画想定業種と相乗効果が狙える業種です。」

と説明すると、

 「イメージとして何となくそうかと思っていたのが、数値でハッキリしました。これで多くの関係者に説明しやすくなりました。」

と言う評価をいただくことが多くなっています。

 都心、郊外に開発案件を持つ不動産会社の方からの依頼が多くなっています。

最適の業種ミックスは

●事例ファイル
・都市商圏での業種出店可能性分析

■お問い合わせのご案内






 
サイトマッププライバシーポリシー
GISエリアマーケティングと店舗開発/株式会社ワンズ
Copyright (c)1999- 2016 Wonds Inc. All rights reserved.

 



Copyright (c) 1999-2005 Wonds Inc. All rights reserved.