WONDS
?g?b?v?y?[?W??
TOP商圏ソリューション>地図メッシュ分布調査

地図メッシュ分布調査

■地図メッシュ分布調査で見える商圏内有望エリア。

出店の隙間エリア発見や、効果的なエリアプロモーションの実現に。

有望エリアが見えない出店、販促の実施はリスクが高まります。

商圏内の実勢を曖昧にしたままの出店や販促施策を実施していませんか。残念ながら商圏を細分化して、その有望エリアを把握した上での、出店や施策実施は、まだまだ出来ていないことが多いようです。こういった選択と集中が出来ないと実施や費用効果が低くなりがちです。

せっかっく商圏が持っている潜在力を生かし切れないと言う残念な結果になりかねません。

有望エリアは見えていますか

商圏内のターゲットや競合店の分布状況を見える化します。

メッシュ分布調査は、商圏内の有望エリアを発見するもの。自店ならではのターゲットが商圏内にどのように分布しているか。また競合店の分布はどうかなどを簡単に判断出来ます。

また、これらの要素を多重に組み合わせて、更に有望エリアを抽出する事などが可能となります。

複数のエリア要素をメッシュ地図上で表し有望エリアを特定します。

例えば、ある商圏で、エリアの人口などのポテンシャルは高いが、競合店が少ない隙間エリアを発見する。これによって、効果的な出店が出来る訳です。

有望エリアを発見してアピール

メッシュ分布調査例


1.特定業種の店舗集中エリア抽出 2.店舗の集中と、人口との関連を見る
店舗分布マップ 店舗と人口関連マップ
仮に一般飲食店を横浜を中心とした5km圏に出店する場合の有望エリアを抽出する目的とする。 メッシュで一般飲食店と人口の2指標で表示し、それぞれの関連を見る。


3.マトリックスで実態把握 4.有望エリアの抽出
マトリックス表示 有望エリア抽出
人口が多く、かつ競合店が少ないエリアを見るとマトリックス上の濃い緑のエリアとなる。 さらに条件を絞り込み、特に有望なエリアを3ヶ所抽出した。


地図メッシュ分布調査の効用

販促の重点エリアの抽出などに活用されています。

 大型店のオープニング施策の前提として、メッシュ分析の機能が発揮されています。一般的に商圏全体のポテンシャルや特徴は把握していても、狙いたいターゲットが集中している有望エリアの特定は出来ていないケースが多いものです。

 メッシュ分析によって、企画ミーティングで

 「ターゲットの多い、この沿線にラッピングバスを走らせましょう。」
「チラシの配布は、この方向は設定商圏より拡大しましょう。」

と言ったように、まさに商圏内の「見える化」効果が発揮されます。

 出店有望エリアの特定はもちろんのこと、ショッピングセンター、GMSなど大型店のプロモーションの前提としたいという依頼が多くなっています。

販促の重点エリアは

●事例ファイル>> 事例ファイルへ
■お問い合わせのご案内

事例資料請求 価格表請求 詳細問い合わせ 見積依頼
03-5458-7875 info@wonds.co.jp





 
サイトマッププライバシーポリシー
GISエリアマーケティングと店舗開発/株式会社ワンズ
Copyright (c)1999- 2015 Wonds Inc. All rights reserved.

 



Copyright (c) 1999-2005 Wonds Inc. All rights reserved.