WONDS
TOPストアマーケティング>店舗ポジショニング・コンセプト開発

店舗ポジショニング・コンセプト開発

■都市型スペシャリティ業種の店舗づくり。

店舗ポジショニング・コンセプト開発は、強みを生かして競合店と差別化。

都心部で同業種の集積相乗効果を活かす方法。

同業種の相乗効果を活かす
 「都心部での売上予測はどう考えたら良いでしょうか。」

という質問を多く受けます。多店舗展開企業であれば重回帰で売上予測も出来ます。ただ単独店では難しいのですが、基本的には

 「十分な昼間人口や商業人口があれば、基本的に潜在性は大丈夫です。」
 
「ただ、どこにでもあるような店では厳しいかも知れません。」

とお答えしています。

 このような立地、ショッピング環境では、店舗への顧客支持を得る独自性(ポジション)が決定的に重要になるからです。

ポジショニングからコンセプトワークへ。

都市型スペシャリティ業種対応
 中には、いきなり店舗コンセプトから考え始める方もいます。商品・サービス不足の成長業種ならいざしらず、既に充足した商品・サービスに溢れている一般的な業種では方法論的に無理があります。

 
この場合は、まず競合店(ブランド)とのポジショニングから発想する必要があります。ここで有効な方法は、店舗とその属性を同一平面上にプロットを可能にする手法です。平面上にプロットできれば、競合ブランドや自店に特徴的な店舗属性が明確になるからです。

 
具体的な手法は、扱うデータに応じて、主成分分析、数量化理論3類、コレスポンデンス分析などがよく使われます。

既にあるショッピング来街者を自店に。
 都心部は既にショッピング来街者が多いことが特徴です。従って、この来街者を自店に導くためには、他店にないモチベーションづくりがポイントになる訳です。

 
この差別化要因をエビデンス(根拠)に基づいて統計的に検討可能とするのがポジショニングです。



店舗ポジショニング・コンセプト開発例

1.現状のブランドとその属性 2.新店舗コンセプト策定
現状のブランドとその属性 新店舗コンセプト策定
店舗の属性変数から競合ブランドと共にポジショニング。
3C(4P)の検討から新店舗コンセプト・経営モデルの策定。


3.新コンセプト展開 4.リポジショニング検証
新コンセプト構想 リポジショニング検証
新コンセプトの展開要素(店舗属性)を設定。
新店舗コンセプトの属性で目標通りのポジションに位置づけられるかを検証。


●事例ファイル>>01
  ポジショニング事例


■お問い合わせのご案内

事例資料請求 価格表請求 詳細問い合わせ 見積依頼

●サービス案内
  
・初めての方へ
  ・エリアマーケティング
  ・ストアマーケティング
●業務事例
  ・ソリューション事例
  ・テーマ別事例集
  ・業務事例集
●メールマガジン
  ・商圏分析セミナー
  ・マーケティング活用
   情報
●サービスメニュー
  ・商圏ソリューション
  ・売上予測
  ・店舗開発企画
●ダウンロード
  ・店舗ナレッジストア
  ・事例集
  ・ニュースリリース
●会社案内
  ・会社概要
  ・業務実績
  ・お客さまの声
 
サイトマッププライバシーポリシー
GISエリアマーケティングと店舗開発/株式会社ワンズ

Copyright (c)1999- 2015 Wonds Inc. All rights reserved.