WONDS
TOP商圏ソリューション>不動産用途開発調査

不動産用途開発調査

■商圏立地に適した事業の可能性を探りたい。

施設規模・立地を確認

計画施設、商圏、それぞれのポテンシャルを活かす事業コンセプトを策定します。

地域で求められていない施設を計画していないでしょうか。

施設規模に見合わない業種・業態選定。居住者、来街者の生活スタイル、ニーズと異なる施設内容。こういったミスマッチは、情報把握を確実にしておかないと思った以上に起こりがちです。

業種・業態として中途半端な規模になったり、来街目的とずれている施設となってしまっては、投資効率、施設価値の弱い開発になりかねません。

計画施設の規模・立地など内部要因と、商圏特徴など外部要因を分析、摺り合わせ、最適な事業コンセプトを策定します。

施設は、面積規模、立地などによって、最適な業種・業態は特定されます。商圏も、どのような業種が集積してるか、あるいは不足しているかによって期待される業種・業態も異なってきます。

この施設規模等の内部要因と、商圏特徴等の外部要因を効果的にマッチングさせることで、成功する事業コンセプトが策定できる訳です。

計画施設の規模・立地から適合事業を仮説設定。潜在需要、業種充足度など商圏分析により仮説の可能性を検証。

計画地の規模・立地等から事業仮説を設定。「潜在需要調査」「商圏特性調査」「需要余力調査」を実施し、この仮説を検証。商圏立地に適した事業コンセプト可能性を探ります。

商圏規模・特性とのマッチング


不動産用途開発調査例

1.街ポジションを明確化、事業仮説策定 2.商圏設定、需要規模・特性把握
事業仮説の設定 商圏潜在性、特性の把握

対象地の街ポジションを把握。この立地や施設規模に合う業種・業態をいくつか仮説設定。

仮説業種・業態を前提とした商圏設定をし、需要潜在性や特性を把握する。



3.事業の成立性、機会を探る 4.事業を複数の評価軸で検討、評価
事業成立性、機会を探る 多くの評価軸で事業コンセプト検討

業種・業態の成立可能性を判断。需要余力調査で、不足業種、高集積業種を明確化、事業機会を探る。

事業の成立要件となる評価項目を設定し、得点化。各事業の可能性のプライオリティを検証・評価。



不動産用途開発調査の効用


都心・郊外を中心に多様な可能性を持つ計画評価に活かされています。

 何を展開しても成功しそうな立地で、対象不動産の面積規模、エリア潜在性を最大限に活かす事業コンセプトを策定します。

 調査結果から、

 「短期的な収益よりも、長期的に見て地域の居住者、来街者の方たちへの価値が最大になるような方向性を選択した方が、結果的に競争力が維持できます。」

と言う提案をさせていただく機会が多くなっています。クライアントからも、

 「頑張って、新しい価値提供が出来る事業コンセプトを検討しましょう。」

と賛同いただけるケースが多くなっています。

 地域再開発の方向付けをしたいという不動産開発業者の方の依頼が多くなっています。

計画評価に活用

■お問い合わせのご案内






 
サイトマッププライバシーポリシー
GISエリアマーケティングと店舗開発/株式会社ワンズ

Copyright (c)1999- 2015 Wonds Inc. All rights reserved.

 



Copyright (c) 1999-2005 Wonds Inc. All rights reserved.