WONDS
TOP商圏ソリューション>商圏特性調査

商圏特性調査

商圏特性を、店づくりにプラスに活かす法とは。

商圏内の居住者、来街者の「見える化」によって、最適の品揃え、店舗コンセプトにつなげます。

地域に求められていない店舗コンセプトで出店してはいないでしょうか。

地域商圏の特徴把握
 単一の店舗モデルで、効率的に出店展開してきた、コンビニエンスストア、ファーストフード店、アパレル店、ファミリーレストランなどももはや、限界を呈してきています。多業態で展開するか、単一業態でも、きめ細かく商圏アジャストをしていく事が一般的になりつつあります。

 商圏内のターゲットやモチベーションを適切に把握し、また競合ともマイナスにならないポジションを設定してコンセプトづくりした店舗と、全国最大公約数的な店舗では、その商圏内での魅力の優劣は明らかでしょう。

地域実態、ニーズを的確につかんで店舗コンセプトに活かすことが商圏特性調査の目的です。

フォトサーベイでターゲット特定
 商圏特性調査は、その商圏ならではの特徴を、具体的に数値で明確化するものです。店舗コンセプトが、その商圏で有効であるか、どのような方向性であれば良いかを判断するものです。

 昼夜間人口、商業人口など人口特性、世代別、所得資産、居住形態や商業特性など地域商圏によって意外と違いが大きいものです。

いくつかの地域比較をして、その商圏立地ならではの特徴を明確化します。

いくつかの商圏立地を比較して、当該地ならではの商圏特徴を分析します。具体的には、その業種・業態に影響すると想定されるエリアデータを抽出。要約して特性を明確化する訳です。


商圏特性調査例

1.商圏特性を出店に活用 2.エリアデータを要約して特性把握
商圏を設定しデータ抽出 データ要約により特性把握
商圏特性を活かす店舗開発を目的に。商圏に合う新店舗、また店舗モデルの適合化を図る。 業種業態に影響するエリアデータを収集し、要約して特性を明確化する。


3.商圏特性を比較 4.店づくりに特性を反映させ方向付ける
複数商圏を比較分析 店舗の方向付け、構想に活用する
データ処理をし、比較立地との間でレーダーチャートなどを使って特性比較する。 商圏特性を反映させた店舗戦略の方向付けをし、店舗コンセプト策定に活かしていく。


商圏特性調査の効用


全国一律の店舗モデル展開では、顧客支持を得る事が難しいという認識が一般化してきています。

 先日もある企業の役員の方とお話をしていて、

 「一店舗、一つのビルで出来ることは限界があるようです。地域の特性や方向性に合わせたコンセプトワークをして、相乗効果を活かしていかないと成功は難しいでしょう。」

というようなことを言われていました。全くその通りだと思います。

 この調査への依頼は、業種的には、コンビニエンスストア、カフェ、アパレル小売業、そして具体的に店舗デザインをする店舗設計会社など多岐に渡っています。特にアパレル小売業では、ビジュアルに通行者を分析するフォトサーベイを実施することも多くなっています。

 当社の業務に中でも、特に件数が増えている業務です。地域特性を活かした出店展開をしたいという企業が増えている事の現れだと思われます。

地域特性を活かす

■お問い合わせのご案内

事例資料請求 価格表請求 詳細問い合わせ 見積依頼
03-5458-7875 info@wonds.co.jp





 
サイトマッププライバシーポリシー
GISエリアマーケティングと店舗開発/株式会社ワンズ

Copyright (c)1999- 2015 Wonds Inc. All rights reserved.

 



Copyright (c) 1999-2005 Wonds Inc. All rights reserved.