WONDS
?T?[?r?X???j?…?[
?g?b?v??????
TOP売上予測>エリア偏差値による売上推計

エリア偏差値による売上推計

「わかりやすい予測の方法はないでしょうか。」

−偏差値化した売上に寄与する商圏潜在性からの売上予測−

●店舗数が少ない場合やわかりやすい方法が必要な場合。

 「店舗数が3〜4店位ですが売上予測できますでしょうか。」
 「重回帰など多変量解析を使うと社内の理解が得られなさそうです。わかりやすい予測方法はないでしょうか。」

 
こんな相談を受けることも少なくありません。

 出店の可能性判断には、売上予測の確実性とリスクヘッジ効果は大きいものがあります。少ない店舗数の場合、重回帰分析では精度の問題が出ます。また多変量解析は、用語の馴染みのなさや「なぜ予測できるか。」といった理論的背景など実施以前に手法理解が必要となります。

 こんな場合に有効なのがエリア偏差値による売上推計です。


商圏潜在性からの売上予測

●売上と関連する商圏潜在性を把握。

 この方法は、まず商圏立地や店舗の様々な要素の内、売上に寄与する要素をピックアップします。そして、それを相互に比較出来るように偏差値化して売上との関係を明らかにします。

 商圏潜在性の高さが売上規模水準を決定するという考え方です。

 多変量解析を使う場合と比較して、それほど馴染みのない用語もありませんし直感的に理解しやすいので、社内コンセンサスは取りやすい方法です。

 重回帰で予測する場合と比較して若干精度は落ちますが、具体的な出店行動にはつながりやすくなります。


売上寄与要因の偏差値化
エリア偏差値による売上推計

■既存店数が少なくても推計可能。スペシャリティ業種やサービス業の推計など幅広い業種で予測推計できる。

自社の売上に好インパクトとなるエリア要因が把握できる。その要因を使用した予測推計が出来るため、企業、ブランド独自の予測が可能。

1.何が好インパクトとなるか

2.売上実績とエリア偏差値との関係は

相関分析 売上と偏差値の関係を把握
自社店舗の立地する商圏データを使い、売上に相関するエリア指標を特定。偏差値化する。 販売実績とエリア指標の偏差値合計との関連を比較検討する。



3.売上相関指標の高いエリアを抽出

4.偏差値合計に対する実績水準を予測

売上相関指標の高いエリア抽出 偏差値合計から売上水準を予測
売上に相関するエリア指標が高いエリアをGIS(地図情報システム)で抽出、候補エリアとする。 偏差値合計をランク区分し、販売実績データと関連づけ、候補エリアの概略売上推計をする。


商圏偏差値による売上予測

●定型的手法の適合が難しい場合にも。


 当社は、商圏潜在性からの売上予測のような定型的手法ではソリューションが難しい業務も数多く取り組んできました。手順を踏んでいけば答えが出るプロセス型だけではなく、そのプロセス、つまりアプローチ手法の検討から取り組んでいく業務も多く実施しています。

 探索、試行錯誤型などのソリューション業務は、やはり数多くの業務を経験していることが、その信頼性につながります。

 「こんな方法は、考えても見なかった。」という手法そのものの評価をいただくことも多くなっています。

売上寄与要因を探る

■お問い合わせのご案内

事例資料請求 価格表請求 詳細問い合わせ 見積依頼
03-5458-7875 メールでのお問い合わせ





 
サイトマッププライバシーポリシー
GISエリアマーケティングと店舗開発/株式会社ワンズ

Copyright (c)1999- 2015 Wonds Inc. All rights reserved.