TEL (03) 6804-9835 平日10:00-18:00 
MAIL 
info@wonds.co.jp

株式会社ワンズ

 

Our analysis service

「行きたいを科学する」集客要因分析サービス。

0,1のダミー変数

「行きたいを科学する」集客要因分析

-コト的要素まで分析出来る「集客(売上)要因分析」-

 

●店舗で体験価値がますます求められている

 

 ネット通販の拡大に応じて、集客、O to Oのためリアル店舗は、ますます体験価値やそれに基づく集客が求められるようになって来ています。

 

 そのためには、何をどうしたら良いのでしょうか。

 

 まず考えられるのは、先行成功事例研究でしょう。そこから自社に取り入れられそうな、コンセプトや施策を検討します。ただ、これだけでは、はたしてそれが実際に効果があるのかどうかは、やってみないと分かりません。

 

 そこで、「集客要因分析」が効果を発揮します。

 

 

●コト的要素まで分析出来るダミー変数を使った数量化理論1類

 

 ネットでは、再現性の高いマーケティング手法として、RCT(ランダム化比較試験)、いわゆるABテストなどエビデンスに基づく方法が導入されています。ただ、実店舗の場合、その現物をともなうという特性から、どうしても多大な費用がかかるため、RCTのような実験的手法は困難でした。

 

 そこで、当社では数量化理論1類の「集客要因分析」をお奨めしています。これは、1,0(イチゼロ)のダミー変数を使った要因分析です。重回帰分析でも要因分析は可能ですが、店舗要因を考えると、店舗面積など連続的な量的データで把握出来る要素は、あまり多くはありません。

 

 イベント参加、試食したなど、コト的要素まで含めた要因分析をすることで、体験的要因までも含めて統計的に分析出来る訳です。

 

 

●レジャー施設での活用から小売・サービス業へ

 

 集客要因分析は、当社の業務実績としてもそうですが、どうしても体験要素の強いレジャー施設、テーマパーク、科学館・企業ミュージアム、展示会といったケースでの活用が多くなります。コト的要素まで含めて分析出来るからで、再現性の高い、つまり成功の可能性が高い開発・改善が出来るアプローチです。

 

 この「行きたいを科学する」方法は、レジャー関連施設のみならず、冒頭にあげましたように、小売・サービス業でも使われる機会が多くなりました。当社では、集客(売上)要因分析のサポートコンサルや受託を行っています。関心のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。