TEL (03) 6804-9835 平日10:00-18:00 
MAIL 
info@wonds.co.jp

株式会社ワンズ

 

Our prediction service

株式会社ワンズの「使える!」出店売上予測サービス。

詳細要素の組み合わせ

「使える!」出店売上予測

-多様な現場実態に対応した重回帰分析売上予測-

 

 

●予測式づくりだけではない仕組みづくり

 

 当社では、25年以上に渡り数多くの売上予測を実施してきました。

 

 あえて、当社が提供する店舗売上予測を「使える!」と称しているのは、「使えない」「使われない」売上予測を数多く見てきたからです。式そのものの説明力が低かったり、役員や現場スタッフの理解不足だったりと、使えない原因は限りなくあります。

 

 重回帰分析による売上予測の仕組みは、ただ単純に予測式を作って終わりではありません。本来の目標は、実際に店舗開発の現場で活用され、より売上可能性の高い商圏立地への出店やそのブランドにとって不適立地への出店回避ができることです。

 

 そして、店舗全体としての売上拡大が出来て初めて機能したといえます。

 

 

●予測式づくり前後のステップが成功を左右

 

 当社の予測モデルづくりは、多様な現場実態に対応し、使えるモデルづくりが特徴です。そのためには、予測式策定そのもの以上に、前後のステップが重要と考えています。

 

  1. 最適な変数選択のため、事前段階での業務実態把握
  2. 誰でも使える運営の仕組みづくり

 

など事前事後のステップが成功を左右します。

 

 自社の店舗数規模、業種業態、予測手法に関する習熟度など、実態を踏まえて個別にモデル構築していく必要がある訳です。

 

 

●予測モデルづくりの幅広い要素を、自社の実情に最適化

 

予測モデルを創るためには、

 

a.対象企業の現状出店運営状況・組織把握

b.予測統計手法そのものの説明

c.変数仮説のため現場ヒアリング、業種資料スタディ

d.必要最低限の予測式策定

e.店舗類型化で立地・商圏特性によりフィットさせた複数予測モデル

f.伸びしろのある既存店の発見など、周辺課題まで含めたもの

g.最適出店候補地のリストアップ

h.運営の仕組みづくりまでのフォローも含めたもの

i.役員説明、及びスタッフインストラクション

 

など、必要に応じて幅広い要素を自社実態への最適化が売上予測モデルづくりを成功させます。一般的に重回帰分析の書籍等で紹介されているのは、ほとんどb.予測統計手法の説明とd.必要最低限の予測式策定(事例)のみです。実務に関わる部分がすっぽり抜けています。

 

 このような実務的モデルづくりの要素を選択、組み合わせて、初めて自社の個別実態、核となる課題に対応でき実際に「使える!」店舗売上予測モデルとなる訳です。

 

 当社では、実務経験数の多さを活かし、上記のようなモデルづくりの要素をモジュール化しています。このモジュールの選択・組み合わせが、実態・現場への徹底した最適化による「使える!」店舗売上予測モデルを創ります。この効果を生む効率的なアプローチで、モデルづくりを受託しております。ぜひご検討、お問い合わせ下さい。

資料請求

出店売上予測の仕組み作りのヒントに、PDF小冊子
「使える!出店売上予測/重回帰分析」
ー実務に100%活用する10の秘訣ー
を無料配布しています。

 

request!